RSS

BlackBerry Passport のカメラ性能について

10 4月

BlackBerry Passport の前に使っていたのは docomo から発売されていた BlackBerry Bold 9900 ですが、絶妙なサイズとキーボードのタッチのしやすさで、とてもお気に入りのデバイスでした。でも私にとってはカメラ機能がとても残念(><) なぜかというと、オートフォーカスじゃなかったんです。

9900のカメラの仕組みは EDoF(Extended Depth of Field :拡張被写体深度)といって、被写界深度を深くすることでピントの合っている範囲を拡げ、、フォーカスを変更させることなくピントの合う写真を撮りやすくした技術なんです。オートフォーカスは自動で追随してピントを合わせるための機能ですから、同じピントを合わせやすくするものでも、全く違う仕組みなんです。

これはこれでありだと思いますが、弱点は接写の時です。料理を撮る場面では、30cm以内に寄ろうとするとまったくピントが合わず、思ったような写真が撮れなくて諦めていました。それが、BlackBerry Passport のカメラだとオートフォーカスですし、画質も BlackBerry Bold 9900 が5M に対し13M (iPhoe6 は8M) と驚くほどの進化を遂げてます!ほんとに綺麗な写真が撮れるです(^^) BlackBerry OS10 のカメラの性能、いいです!

いつでも起動できるよう、ホーム画面の右下隅にカメラアイコンがあります。タップすると瞬時にカメラが起動!

IMG_20150409_092856-1296x1296

ピントを合わせたい箇所をタップすると白いフォーカス枠が現れ、ピントが合うと消えます。その時がシャッターチャンス、画面下の真ん中のシャッターボタンを押します。画面左上には現在の設定情報が表示されます。背面・前面カメラの切替、カメラモードとビデオモードの切替もワンタッチです。右下隅のメニューアイコンをクリックすることで、他にも色んな設定変更が可能です。

IMG_20150409_115405-1296x1296

上から、背面カメラとの切替、シーンの選択、フラッシュの有無、画角の比率、HDRのON/OFF、タイマー時間の設定、カメラの設定です。

IMG_20150409_100949-1296x1296

シーンの選択は、自動、動きの速いアクション、ホワイトボード、夜景、ビーチや雪ですが、普段は自動でOKです。

IMG_20150409_101000-1296x1296

カメラの設定にも、いろいろ選択項目があります。

IMG_20150409_101955-1296x1296

接写が撮れるようになり、Twitter やInstagram 投稿が楽しいです(^^) (※画像サイズはかなりリサイズしています)

IMG_20150214_160907-2048x2048

IMG_20150314_193112-2048x2048-1024x1024

欲を言えばキリがないのですが、あとホワイトバランスとサイズの選択があれば完璧なんですけどね(^^;; アップデートでなんとかなって欲しいです!

WordPress for BlackBerry から投稿

広告
 
コメントする

投稿者: : 2015/04/10 投稿先 BlackBerry, Camera, Tips

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。